リサイクルトナーはOA機器専門販売店でオーソドックスな人気がある

非純正トナーを使おう

複合機をシ操作する人

非純正トナーでコストカット

okiの純正のトナーでは無いものの、リサイクルトナーのような再生品では無い非純正トナーというものがあります。 この非純正トナーはokiが製造したトナーでは無いものの、okiのプリンタにも互換するのです。 もちろん実用性にも問題は無いのですが、やはり作っているメーカーがokiでないことから、印刷の発色などには多少の差は生まれます。 ただし、プリンタを使う人の全てが印刷の質にこだわりがあるわけではありません。 特に企業など大量に印刷するわりには仕上がりの綺麗さには頓着しない場合も多いのです。 okiのプリンタを運用する上でコストカットしたいものの、リサイクルトナーは信頼できないという方には、メーカーが異なるもののリサイクルでは無い新品の状態で購入できる互換品、非純正トナーがお勧めできます。

リサイクルで無い非純正トナー

最近はエコロジーの関係からリサイクルトナーが推奨される向きがあります。 ただ、実際に使用するが分からすると、リサイクルトナーとして再生される前にどのような使われ方をしていたか分からないものを信頼することは難しいでしょう。 こうした再生品は行ってみれば中古品であり、中古のトナーを使用して問題が出ないか心配になる人は意外に多いのです。 その点、非純正トナーは互換性はあるもののokiのようなメーカーが直接作っている純正品では無いため、新品でかつ低価格で購入することができます。 ただ、互換が有るからと言って直ぐに安心して使用するのも早計です。 同じ非純正トナーでもその品質は作るメーカーで大きな差があり、その非純正トナーを作っている業者が信頼できるかどうか、ネットの口コミできちんと確認してから使用するようにしましょう。 こうしたトナーのトラブルは、トモするとプリンタ自体を破損することも珍しくありません。