リサイクルトナーはOA機器専門販売店でオーソドックスな人気がある

短期間で利用可能

コピー機のボタンを押す指

購入とリースに続くレンタルの登場

ビジネスフォンを導入することは企業や組織において電話料金を一括管理したり、企業内や組織内での連絡をとりやすくしたりするために不可欠なことです。その購入による導入費用が高いことから、リース契約によって導入するということが広く行われてきています。しかし、ビジネスフォンのリース契約は期間が5年から7年程度と長く、途中で解約ができないということが問題視されてきました。そのため、借金をしてでもビジネスフォンを購入により導入するという傾向も生まれてきています。 近年の傾向として、リースよりもより短期間借りられるレンタルも広まってきており、ビジネスフォンを短期間だけ導入したい企業や組織に利用されるようになってきています。

スマートフォンの競合の動き

購入やリースに加えてレンタルが登場し、サービスの利用が容易になってきているのが今日のビジネスフォン業界です。インターネットプロバイダとの契約や光回線の導入も同時に行うことで低価格化を進める傾向も強まってきており、通信業界における最先端を常に追いかける傾向があります。 一方で、ビジネスフォン業界の脅威となる業界も生まれてきています。スマートフォンが広く用いられるようになり、企業において各個人に配るということが一般的になってきました。そのため、企業において必要なビジネスフォンの台数が減少する傾向があります。この両者の競争はサービス面と費用面の2つの方向から今後は熾烈なものとなっていくと予想されます。